Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月26日

シュミット監督「レヴァンドフスキを抑える」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインツ|レバークーゼン戦に続き、週末にはバイエルン戦が控えるシュミット監督は「バイエルンとの戦い方というのは、常に少し特別になるものだ。しかも今はタフなスケジュールの最中にある。バイエルン戦に向けて行える準備期間は二日しかない」と語った。
Mainz-Trainer Martin Schmidt
しかし金曜日の練習はむしろ体力の回復に努め、ビデオによる分析なども行っている。
「鞭打っても仕方がないのだ。今は負担を軽くしていくこと、それで土曜日の試合では全力で試合に臨むことができる」
バイエルン対策として「ビッグチャンスを1・2度はつかむことができるだろう。そこが分かれ目となるはずだ。そのためには運も味方につける必要がある。意欲的にプレーしたいね」との希望も口にした。
切り返しによる効果を期待するマインツとしては、負傷から回復し、前節で途中出場したハイロが先発で助けとなるかもしれない。
「我々には彼が必要だ。そのために試合になれてもらう必要があった。練習ではそれはできないことなのでね。彼は先発争いの中にいるよ」
もしも先発となれば、デ・ブラシスがベンチスタートということになるだろう。
ただし前節では批判を浴びた左SBではどうか?
「ベングトソンは1・2つの場面を除いていい仕事をした。しかしベララビ一人だけに集中するわけにもいかないさ。そしてバイエルンにはコマン、コスタ、ミュラーらがいる。」との見方を示し、今夏加入のブスマンについては「常にオプションだよ。用意はできているだろう」と述べている。
kicker.de
マインツ関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker