ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月25日

強豪との対戦を心待ちにするスクリプニク監督

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブレーメン|昇格組との2連戦でいずれも敗れたブレーメン。スクリプニク監督は「ダルムシュタット戦でもインゴルシュタット戦でも、相手を得点させるように導いてしまっている。あれは馬鹿げているよ!」と苦言を呈した。
"Einen Gegner wie Bayer 04 nimmt keiner auf die leichte Schulter": Werder-Coach Viktor Skripnik.
この2試合では、ブレーメンは優位とみられる立場にあった。「しかしその役割を我々はうまくこなせない。それは最近は明らかだったね。」と指揮官。
「土曜日はまったくそうではない。ありがたいね。レバークーゼンのような相手ならば、軽率に臨むことなど決してないだろう。レバークーゼンは大きなクオリティを持ったチームだ。それはキースリングがベンチに控えていることからも見て取れるよ。」と語っている。
なお風邪を患っていたユヌゾヴィッチが回復を果たしたが、「そもそも私はシーズン当初から、主力選手が離脱することになれば問題を抱えると指摘してきた」というスクリプニク監督は、「ユヌゾヴィッチの不在の大きさは、誰の目にも明らかだっただろう」と述べた。
kicker.de
ブレーメン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報