ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月24日

ハーゼンヒュットル監督、パフォーマンスには満足

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インゴルシュタット|遂に自身にとって初のブンデスでの失点を味わったGKエズカン。その相手は同国オーストリアの若手グレゴリッチュだったが「CR7マニアのシュートだったね」と笑顔を浮かべた。




Stefan Lex
「両チームとも勝ち点にふさわしかったと思うよ」

またハーゼンヒュットル監督も「無失点試合をこれまで続けてきたけど、でもいつもそうというわけにはいかない。それは確かさ」と述べ、「強いチームを相手に、長い間対抗していた」とパフォーマンスには満足感を示している。

一方でFWとして先発したヒンターゼーアは「チャンスをもっとうまく使わないと。だったら多分違うようにいったんじゃないかな。でもそれをしっかりつかえなかった」と反省。


これからマインツでの得意のアウェイ戦が控えるが、「また敗戦を喫することもあるだろうけど、でも金曜にはまた次の試合がある。そこでまた勝てればと思うよ」と意気込みを語った。

kicker.de
最近のインゴルシュタットの関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報