Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月23日

ツォルニガー監督「ここ数年間を思い出して欲しい」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュトゥットガルト|前節のシャルケ戦では「ふさわしくない勝利」を献上することになったシュトゥットガルト。だがツォルニガー監督はシュトゥットガルトが見せるサッカーに自信を見せている。



VfBシュトゥットガルト
Alexander Zorniger
監督:ツォルニガー
シャルケ戦敗戦後、選手たちは非常にフラストレーションを抱えていたよ。
ファンの反応を見れば、この世の終わりのような言い方はしなくてもいいはずだ。私の友人は、彼が見たシュトゥットガルトの試合の中でベストの1つだったと話していたよ。そういう試合を多く行えるような状態にある感じだ。だが10試合で8試合負けるようなことがあってはならない。今は泥臭いながらも勝利が必要だ。我々の目標は勝利を収めること、そう話している。
できるだけ多くのチャンスを再び作れるような状況を作っていきたい。あとプレスや対人戦の臨み方への意見もあるだろう。練習でとにかく取り組むこと。それだけだよ。
… 先日「得点力はクオリティだと」
ある選手が「監督、僕の昨年のゴールを見てください。常にクオリティとは限りませんよ」と話していた。サッカーでは、すべて正しいことをしたとしても、敗れることもある。ただほぼ完璧にするなら、勝利もついてくるスポーツもあるがね。
… 相手GKフェアマンがメンタル面の問題を指摘
もしも頭の問題が大きいのならば、0−1の敗戦によって崩れてしまうかもしれない。頭の中はクリアにしておかなくてはならないよ。それでパフォーマンスは発揮できるものなんだ。マンチェスターCとのテストマッチで勝利したあとのような軽快さが欲しいね。連敗中のあとという感じではなく。
… 退任が頭をよぎることは
あと2〜4試合で監督交代は時間の問題というクラブもあるだろうが、私の場合は今の所はそんなことはないよ。クラブには全ての部分で新しいエネルギーがある。これを増幅させていくべきだ。正しい道を進んでいるという確信しないと。全力で突き進むのだ!
過去数年間どうだったかを思い返して欲しい。我々は今、シュトゥットガルトのファンと気持ちを1つにできるようなサッカーをしたいと思っている。スタジアムを訪れる人々の期待に応えられるような。ただ短期的、中期的な成功に目がくらんではならない。
… ハノーファーについて
どのクラブにだって武器はある
… バウムガルトルの状態について
少し問題を抱えているね
… ディダヴィに出場について
当然、再びディダヴィを起用することになるのか考える必要がある。しかしマキシムも本当にいいプレーを見せているよ。
Alexander Zorniger
kicker.de

シュトゥットガルト関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker