ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月22日

フェアマン「二日でシュトゥットガルト戦のことは忘れられる」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルケ|ブライテンライター監督が「今日は勝利にふさわしくはなかった」と振り返った試合で、チームメイトのマックス・マイヤーから「ラルフが救ってくれた」と賛辞を受けたラルフ・フェアマン。第5節のkickerベスト11にも選出された守護神が、シュトゥットガルト戦、自身のパフォーマンス、そして代表についても語った。



シャルケ04
Ralf FährmannGK:ラルフ・フェアマン
… 結果について
とても幸運だった。おそらく僕たちはそこまで、あの試合では取り組めていたわけではなかったと思うけど、この数週間でハードに練習してきたことが報われる結果になったんじゃないかな。この勝ち点は喜んで受け取るよ。
… シュトゥットガルトはあまりチャンスを活かせなかった
シュトゥットガルトからは、勝ち点ゼロできているという感じが見て取れたね。最初の2・3のチャンスが活かせないと、自然に頭の中に不安がよぎってしまう。これはサッカーでは一番おこってはいけないことだ。考えすぎるというのはね。その辺りを前半で目にすることになったし、妙な試合になった。ゴールに向かってきてもそれをなかなか活かせない。僕たちとしてはこれを活かさない手はないよね。
… 後半について
戦術を変更したんだ。それがうまくいって、得点することができたね。僕たちは運に恵まれたけど、でも戦って掴み取った勝利でもあるよ。
… 自身のパフォーマンスについて
今日はとてもうまくできたと思う、ツキに味方されたところもあたけど。ボールが顔面に当たったりね。試合を持たせられることは嬉しい、でも冷静な頭を保ち続けることも重要だ。いつだって次のチャンスは訪れる可能性があるからね。
… 試合中に思っていること
もちろん感覚を研ぎ澄ませているし、ゴールを決められないようにも願っている。ただ試合は90分間もあるし、今日はまるで180分のようにも感じた。誰だって報われたいと思うものだが、そのためにはハードに取り組むこと。一番良くないことは、自然にうまくいくとたかをくくることさ。
… 代表について
そこに名前を出してもらえることは嬉しい。でも僕は口に出すタイプではないんだ。毎週自分のパフォーマンスのために取り組んでいくということ。今はとてもいい感覚を覚えているし、いいレベルにあると思う。でも2・3日後にまた次の試合があるし、その時にはもう前の試合のことなんて忘れられてしまうんだから。
Ralf Fährmann
kicker.de
最近のシャルケの関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報