ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月21日

5連敗もファンからは拍手

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュトゥットガルト|敵将ブライテンライター監督が「ふさわしくない勝利」と振り返ったこの試合。開幕から5連敗となったシュトゥットガルトだが、試合後はホームのファンから拍手が送られた。



Alexander Zorniger
「開幕から5戦全敗してそれでも拍手をもらえるということは、決して悪いことではないよ」と主将のゲントナー。マネージャーのドゥット氏も「驚くほどしっかりと見てくれている。これは決して簡単なことではないよ」と温かいサポートへ賛辞を贈っている。
就任からいまだ勝ち点を得られていないツォルニガー監督だが、サッカー自体には「疑問はない」とコメント。
「とにかく得点を決めないと。そのスタイルでいつ勝てるのか?というファンの声も理解できる。しかし私からみればいい戦いを見せているのだ。だからそれでもファンも足を運んでくれるのだよ。勝ち点が必要なのは確かだがね。しかしこのやり方に代わりはない。ブライテンライター監督が言ってくれた言葉を私も言いたい。これはふさわしくない形での敗戦だ」と述べた。
ケルン戦でもハンブルク戦でも「敗れるはずがない戦い」で敗れた。つまりは不運ということなのだろうか?
「得点力はクオリティさ」とツォルニガー監督。
ただマネージャーのドゥット氏は「練習なしでチャンスを活かすなんてことはないよ」とも付け加え、「落ち着きを持つこと。ずっとこうはならないさ」と希望している。
kicker.de

シュトゥットガルト関連記事