ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月21日

ザマーSDがビダル擁護、期待に応えたローデ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン|CLオリンピアコス戦でTV解説者を務めるベッケンバウアー元会長が、アルトゥロ・ビダルのプレーに苦言を呈していたことについて、ザマーSDが同選手を擁護するコメントを述べた。



Erster Treffer im Bayern-Trikot: Münchens chilenischer Nationalspieler Arturo Vidal.
「ビダルには準備期間がなく、こちらにきてすぐにプレーしているのだ。そして今か三日ごとのスケジュールの中にあり、練習することもリズムを見出すこともなかなか難しい状況にあるよ」

そしてこのダルムシュタット戦でゴールを決めたビダルについて「彼はそれに応えてみせた」と述べ、「フランツは全てを獲得した人物だし、時にはチクリとすることだってあるさ。バイエルンは彼のクラブ。特に問題はないよ」との考えを示している。

一方でビダルは、以下のように喜びを語った。

「移籍後最初の得点を決められてうれしい。距離があって難しい位置にいたんdな。多くの試合に出場してきたし、徐々にうまく試合に入れている。ここのサッカーはユベントスとは異なるもの。ユベントスではもっと戦術を重視して、引いてプレーしていた。でもバイエルンはさらに大きなクオリティをもったクラブだよ」

Jerome Boatengボアテング「ドルトムントは昨季より手ごわい」

ヴォルフスブルク戦を控え、ジェローム・ボアテングはkickerとのインタビューで「今シーズンのドルトムントは少し手強くなっているよね。新しい監督の下で、非常にオフェンシブだ。昨シーズンよりもハングリーな印象だよ」と語った。
ドルトムントでは先日、オーバメヤンが今シーズンのバイエルンのブンデス制覇はないとコメント。
これに対してボアテングは「僕たちだと思うけどね」と答え、「でも彼にはそういう資格はあるし、ドルトムントの状態はいい。自信を蓄積しているよね。他のクラブが上を目指す発言をすることはいいことさ。それはブンデスにとっても、ドイツサッカーにとってもね」との考えを述べている。
期待に応えたローデ
Sebastian Rode legt quer - und Kingsley Coman vollendet: Der Mittelfeldmann nutzte seine Chance in Darmstadt.
ダルムシュタット戦までは、今季わずか7分間の出場にとどまっていたセバスチャン・ローデ。指揮官は「私がここにどれくらいいるのかわからないが、ローデは私がここにいる間はずっといるよ」とコメント。
そして土曜日の試合では先発として起用し、そのローデは精力的なプレーとパスワーク、そして対人戦での強さなどをみせ、1得点1アシストと見事期待に応えてみせた。
試合後にローデは、開幕戦では観客席で迎えることになったものの指揮官とは健全な関係にあることを強調している。
kicker.de
最近のバイエルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報