ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月20日

ベッレンファルトア・スタジアムの試合では「何もかもがうまくいった」、他

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公式:バイエルン

試合後のデータは、前評判通りの結果となった。ボール支配率81%、シュート数18対5、スコアーは3-0。しかし芝上の選手たちは、少なくとも60分間はハードワークを強いられていた。ペップ・グアルディオラも「チャンピオンズリーグの試合の後に、ここで勝つのは容易ではない」と、これまで負け無しの相手に対して3-0(前半1-0)での勝利をおさめたことを喜び「とても、とても満足している。良いファイトを見せてくれた」とチームを賞賛した。


ベッレンファルトア・スタジアムの試合では「何もかもがうまくいった」 »
FCバイエルンが難民向けのキャンプを開催 »
「メンタルモンスター」ローデ、猛アピール »
レヴァンドフスキー、練習復帰 »


  • ブンデスリーガ・各チーム情報