ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月18日

敗戦にも胸を張るヴァインツィール監督

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウグスブルク|クラブ史上初の欧州での戦いELグループリーグ第1戦ビルバオ戦に臨んだアウグスブルクだが、結果は1−3で逆転負け。しかしそれでもヴァインツィール監督は、チームが見せたパフォーマンスについては胸を張った。






FCアウグスブルク

監督:ヴァインツィール
我々はアウグスブルクとドイツを代表していい戦いを見せられたと思う。たとえこのような結果でも、駆け付けてくれたファンは熱狂して帰途につくことだろう。

… アドゥリスについて
あのクオリティが違いになったね。チームパフォーマンスとしては良かったのだが、結果には満足できないよ。
Jan-Ingwer Callsen-BrackerCB:ヤン=イングヴェア・カルセン=ブラッカー
… アドゥリスについて
やりにくかったね。百戦錬磨という感じだった。彼の空中戦での強さは前から分かっていたし、決定力の高さも頭に入れていたんだけど。
Alexander EssweinFW:アレクサンダー・エスヴァイン
… 3度の好機を活かせず
確かに相手GKがうまくセーブしていたんだけど、でも3回も大きなチャンスがあれば1つは決めておかないとね。
Tobias WernerMF:トビアス・ヴェルナー
… ベンチスタート
プロとしてアクセプトしている。シーズン前からオフェンスをローテーションさせることはわかっていた。それが今回僕の番になったということだよ。
辛いなんてことはないね。僕は初めて欧州の舞台でプレーすることができたし、全く問題はないよ。ベンチに座るからって問題視するような選手ではない。
国際マッチと国内での戦いが控えている。このことは頭に入れておかなくてはならないんだ。今回のメンバーでもうまくいけるともわかっていたよ。実際にうまくリードしたしね。50〜60分まではいい戦いをしていたんだ
Erhobenen Hauptes: Der FCA Augsburg lieferte in San Mames eine gute Mannschaftsleistung ab, verlor dennoch 1:3.
kicker.de
最近のアウグスブルク関連記事