ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月17日

ボバディジャも帯同見送り

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウグスブルク|クラブ史上初の欧州での戦いが木曜日に行われるアウグスブルク。しかしホン(大腿筋)と共に、FWラウル・ボバディジャのビルバオ遠征帯同も見送られた。






Raul Bobadilla
同選手は練習で膝を捻挫、まだ詳しい診断結果は明らかになっていない。

ヴァインツィール監督は「痛いね。だがうまく編成を行っていくよ」とコメント。メルダースも不在のため、アウグスブルクでFWを本職とするのは、チとマタヴジュの2選手ということになった。

なお週末のバイエルン戦では、終了間際でのPKの判断に泣かされたアウグスブルク。マネージャーのロイター氏は「バイエルンを相手にうまく対抗できていた。トップチームと渡り合えるんだ」と胸を張っている。

アウグスブルクは到着後、夕方に最終調整を行い、木曜日の第1戦へと臨む。

なおアウグスブルクと同組に入っているのはビルバオのほか、アルクマールとパルチザン・ベオグラード。


FCアウグスブルク
監督:ヴァインツィール
とてもうまく準備できた。ビルバオは早いうちからプレッシャーをかけ、そして早々にリードを奪おうとしてくることだろう。そこへの警守を鳴らしたし、自分たちがトップパフォーマンスを示す必要があることもわかっている。

… バイエルン戦ではつらいPKも
それについてはもう気持ちを切り替えた。

このチームは今、3大会に出場するチャンスを得ているんだ。確かにアウトサイダーではあるが、我々はいいチームだよ。そうじゃなくては昨季5位という結果は得られていない。

… ボバディジャの代役は?
ラウルは前線にクオリティをもたらしてくれる選手なのだが、しかし他にも我々にはいい選手がいる。彼不在でも、我々は勝利を収めてきたよ。

Markus Weinzierl
Paul Verhaegh主将:パウル・フェルハーフ
ヨーロッパ・リーグ出場のために、遠征に向かう日が来るとは思わなかったね。

たぶん数年前なら誰もが思いもしなかったことじゃないかな。

ただ”楽しむ”という言葉は、今回の大会ではふさわしい言葉では内容に思う。僕たちは集中しているよ。もちろん喜びを感じてはいるけれど。

ビルバオの方が優位な立場にいる。彼らがより高いキープ率を誇ることになるだろう。でも僕たちはすでに、そういった手強いチームを相手にしてもうまくやれるという所を見せてきた。

"Wir haben schon gezeigt, dass wir gegen gute Gegner gut aussehen können": Augsburgs Kapitän Paul Verhaegh.
kicker.de
最近のアウグスブルク関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報