ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月16日

ウジャー「とにかくピサーロの意見を聞く」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブレーメン|ピサーロ獲得で敗者となる可能性のあったウジャー。だがそのウジャー自身にとってメリットにもなる。今回の決勝点はまさにその一例だと言えるだろう。ピサーロは3人を引きつけ、ウジャーにゴールをお膳立てして見せたのだ。
Claudio Pizarro und Anthony Ujah
「クラウディオを警戒しすぎる可能性はあるよね。それはもちろん僕にとってのメリットだ。ただ彼らが不安を感じたように、僕もピサーロが入って動いた時にはナーバスになったものだよ」と、ウジャーは振り返った。
「どう一緒にプレーしたらうまくいくのか、それをまず頭の中で考えた。でもこんなにも早くうまくいくなんて思いもしなかったよ」
ゴールを決める前に、ウジャーは何度もピサーロの名前を連呼していたという。
「クラウディオ、クラウディオ、クラウディオ、って呼んでいたんだ。でも彼は偉大な選手。出しどきを正確に心得ているよ。これまでに数多くの得点を決め、そしてアシストも挙げてきた選手だ。何をしていくのか、とにかく彼の意見を聞くよ」
ただ得点後にユニフォームを脱ぎ警告をもらったことについては「ちょっとバカだったね」と反省。
だがその一方で、ピサーロはこのことについては「大した問題じゃないさ。あの時はちょっとしたことをやってしまう、そういう瞬間ではあったよ」と述べている。
kicker.de
ブレーメン関連記事