Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月15日

アルティントップ「プレーしなければ当然失望する」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウグスブルク|バイエルン戦では新戦力のクにトップ下の座を明け渡したハリル・アルティントップ。怪我が理由ではなく先発から外れたのは、アウグスブルク移籍以降はじめてのことだ。





Piotr Trochowski und Halil Altintop
「確かにベンチに座っていれば失望するものさ。毎週プレーしたいと思うものだけど、でも監督がそう決断したのだから。でもこれからもアピールしていくさ。うちは選手層が厚くなったし、それぞれプレーしたいと思っているから」と語ったアルティントップ。


以前に同選手は、kickerに対して「サッカーでは過去のことは大した意味をなさないもの。みんな常に新しくアピールしていかなくてはならないんだ。重要であるということを示さないと。それができなければ、代わりの選手を使われてしまうものだよ」との見方も示している。
ただしアウグスブルクはクラブ史上初となるヨーロッパリーグでの試合が控えており、ヴァインツィール監督は「ハリルは我々がこの3日ごとの試合スケジュールを分けていることを理解している」と説明。「プレーしない選手は出てくるし、いたって普通のこと。バイエルン戦での決断はあのような感じだった。木曜に向けてはこれからみていく」と述べており、アルティントップも「監督とは話し合いを行っている。とにかく多くの試合が控えているし、まだいい役割を演じられると確信しているよ」と意気込みを見せた。
kicker.de
最近のアウグスブルク関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker