ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月14日

清武「このチームに納得している」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハノーファー|喜びと自信を持って、清武弘嗣がピッチに帰ってきた。首位を走るドルトムントを相手に、勝ち点奪取こそならなかったものの、久々のプレーを楽しみ、そして敗戦の中でも光を解き放った

Adam Hlousek im Spiel gegen Hertha
ハノーファーは複雑な気持ちにあると思うのですが、ご自身はいかがですか?清武選手?
そうですね、久々にピッチに戻ってきた喜びはあるんですけど、でも試合には負けてしまいました。それではどうしても苛立ちを感じてしまうものです。
ドルトムントを相手に、もっとできたとは?
僕たちはとても深く構えて、うまくディフェンスを行うことができていたと思います。でもドルトムントはうちの左サイドを何度も突いてきて、結局は答えを見つけてしまう、そういうクオリティを見せていたように思います。
今日はダブルトップ下。これからも?
レオン・アンドレアセンはフィジカルの強さでうまくボールを守り、自分がうまくボールを配っていくというかんじでした。それがうまく機能したとは思うんですけど、それだけではダメですよね。もっといろんなバリエーションがないといけないと思います。
大きな期待が、プレッシャーには?
いえ、またピッチに立てることをとにかく楽しんでいました。それはこれからも重要なことだと思っています。今はとても緊張感のある状況です。でももっと楽しんで、そしてもっとボールをキープすることができれば、もっといい結果を手にすることができるのではないでしょうか。
チームはそれなりの順位につけるだけのクオリティを持っている、そしてアウグスブルク戦で初勝利を挙げる、そうお考えですか?
はい、チームには確信を持っていますし、勝ち点3を獲得することはいつだって目標です。それはアウグスブルク戦でも変わりません。
kicker誌

最近のハノーファー関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報