Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月14日

シュテーガー監督「これだけミスをしては」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケルン|開幕から3試合で勝ち点7と、好調な出だしを見せていたFCケルンだが、週末のフランクフルト戦ではよもやの大敗を喫する格好となった。





FCケルン
Stöger, Peter
監督:シュテーガー
こんなことはここ数ヶ月滅多になかったことだ。6得点取られても何らおかしいものでもなかった。
これだけミスをしては、ブンデスではやっていけないさ。たとえポカールで4部のクラブを相手にしていたとしてもね。マイアーを2度もPA内でどフリーにしてしまった。そして彼はどんな相手からも得点を決めてしまう男。中央でおざなりにし、フリーにでゴール前にいさせれば、得点をプレゼントしたようなものさ。同じミスをおかせば、グラードバッハに4点決められるだろう。
マネージャー:シュマッケ
なぜお互いにあそこまでうまくいかなかったのか考えなくては。距離間が悪かったし、しっかりとみていない場面が多く見受けられた。存在感を示せないと。
Kölns Trainer Peter Stöger.
主将:マティアス・レーマン
全てが悪くいった。まったく正しい形で失点を重ねていたよ。全ての面で悪かった。
GK:ティモ・ホルン
フランクフルトに点を取らせてしまったんだ。相手はそこまで創造性を持ってプレーしていたわけでもなく、むしろ僕たちがやってはいけないミスをしてしまっていた。もしくは頭の中が眠ってしまっていたのかもしれない。
土曜日はダービー。いい戦いを見せるチャンスだよ。
CB:ドミニク・ハインツ
U欧州選手権のポルトガル戦を思い出したよ。あのときは、どのシュートだってゴールネットを揺らしていた。
思いもよらない敗戦となった。ダービーに向けてまた全力で頑張らないと。ベースをしっかりと頭に叩き込んで、とにかくシンプルにプレーすることだ。
プレスに行き、対人戦を仕掛け、勝利するということ。スペースを突き、複雑に組み立てを行わないことだ。黙ってしっかりと練習して、それからダービーだよ!
Dominique Heintz bei Kölns 2:6 in Frankfurt



kicker.de

最近のケルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker