Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月14日

マンU、ミュラーに1億2000万ユーロ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン|kickerが得た情報によれば、マンチェスター・ユナイテッドはトーマス・ミュラーの獲得に向け、移籍金1億2000万ユーロを用意していたようだ。
もしもこれが実現していれば、クリスチアーノ・ロナウドの9400万ユーロを抜いて史上最高金額での移籍となったのだが、結果的にバイエルン側は同選手の売却には応じていない。
現在マンチェスター・ユナイテッドを率いるファン・ハール監督は、トーマス・ミュラーにとってまさに恩師にあたる存在であり、今回の獲得にあたっては契約期間2020年まで、年俸は1250万ユーロとなっていた模様。

一方で契約を2019年まで残すバイエルンでは、まだ延長交渉は行われてはいないが、kickerが得た情報によれば市場に見合ったサラリーアップで延長の可能性はあるとみられる。

シュヴァインシュタイガーがチームを去った現在、トーマス・ミュラーはまさにチームを代表する選手となっており、その天真爛漫さとエンターテイナーぶりからも、ドイツ中から人気を博している選手だ。

ルメニゲCEOはミュラーについて「ベッケンバウアーとヴァレンティン(コメディアン)のミックスだ」と表現。「生粋のバイエルンであり、それでいていつも妙なことも考えている」と語った。

さらにギュンター・ネッツァー氏も、これからミュラーがバイエルンを背負って立つ選手になることについて「そうなるだろうし、うまくやってくれると確信している」と述べている。

kicker.de
最近のバイエルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker