ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月14日

ヴァイザーとベーレンスが負傷

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルリン|週末のシュトゥットガルト戦で勝利を収めたヘルタ・ベルリン。だがこの試合でミッチェル・ヴァイザー、そしてロイ・ベーレンスが負傷を抱えたことが明らかとなった。
Herthas Mitchell Weiser
今夏にバイエルンから加入したヴァイザーは、週末の試合でヘルタの一員として初先発出場。だがチームドクターの診断の結果、右足小指に骨折が見られるという。ただまだ次節ヴォルフスブルク戦での出場の可能性は残されている模様だ。
現在ヘルタ・ベルリンの右SBでは、ペカリクが代表戦で左肩を負傷、数ヶ月の離脱の危機に瀕している。
そこで右SBとして起用されたヴァイザーが原口のゴールをアシスト、。前半終了間際には危ない場面もあったが試合後ダルダイ監督は「ミッチは右サイドでうまくやってくれた」と賛辞を贈った。
なお前半で交代したベーレンスについて、大腿筋の負傷だけがその理由ではなかったようで「彼の日ではなかったね。こういう日もあるさ」とコメント。「自分にだってステフェンス監督から同様の措置を受けたことがある。何もこれで終わるわけでもないさ」と説明している。
kicker.de

ベルリン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報