Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月11日

ペカリクに続き、ブルックスも欠場

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルリン|土曜日に行われるシュトゥットガルト戦を前に、ダルダイ監督は負傷のブルックスとペカリク、バウムヨハンらについて語った。

John Anthony Brooks
監督:ダルダイ
自分たちがどうプレーしたいか、それはわかっているんだ。もしも勝利を収めることができれば、ポジティブなスタートとみれるだろう。練習のあとで、私はいい感覚を覚えているよ。
… 古巣戦に挑むイビセヴィッチについて
練習では私が期待していた雰囲気をみせてくれている。チームメイトもコーチ陣も、彼にボールをもたせていい雰囲気を感じてもらえるようにしていた。彼としては、まずチームに入っていかないとね。

… カルーとの起用も?
それは相性とアウトサイドからのサポートといった部分もある。ただもしも二人がうまく機能するのであれば、それを使わない手はないと思うが?
… 筋肉を負傷したブルックスについて
リスクは冒したくはない。ちょっとした筋肉の怪我から大事に至らせたくはないんだ。だから彼には負担をかけないことにする。
… 肩を負傷したペカリクについて
彼は模範的な選手であり、守備の面でほぼミスをすることがない。それに最近ではオフェンスでもいいプレーを見せていたね。

… 代役はウィングのヴァイザー
獲得する際に、彼には攻撃的ポジションだけでなく、ペカリクのバックアップとしても考えていることは伝えていた。ペカリクとは異なるタイプの選手で、よりオフェンシブにプレーする。だが彼はうまくディフェンスすることだってできるよ。練習では守備面でとても安定しているんだ。だから私はなにも慌ててもいないし、彼のことを100%信頼している。

… 捻挫していたバウムヨハンが水曜に復帰
全てのメニューをこなした。参加できるよ
マネージャー:プレーツ
いろいろ考えたところで何になるわけでもないさ。時間をかけながら変化していっているところ。ブレーメンとのホーム戦ではしっかりとしたパフォーマンスは見せられていたのだがね。今回は最初のホーム戦での勝利を挙げたいよ。ただしシュトゥットガルトは開幕から3連敗中とはいえ、ポテンシャルと明確なアイデアをもったいいチームだ。
kicker.de

ベルリン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker