ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月11日

注目のドラクスラーの穴埋めは?

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルケ|ドラクスラーが移籍して初めて行われるシャルケの試合。注目は、果たして誰が左サイドに入るのかという点だ。
Leroy Sané
4−2−3−1にせよ、4−4−2にするにせよ、右にシュポ=モティングを配置した上で、左にリロイ・サネを配置することが考えられるだろう。
同選手は前任者のドラクスラーも含め、他の候補者たちとは異なり「真のウィンガー」だ。

例えばマイアーは小さく、スピードとパスに長けた中央でのプレーを得意とする選手であり、ゴレツカも同様である。ただしこちらに関しては、そこまでサイドでのプレーに不慣れというわけでもなく、マネージャーのヘルト氏は「ボーフム時代でも、彼はアウトサイドでとてもいいプレーを見せていた。そしてうちでもね。」とコメント、「非常にフレキシブルな選手だよ」と評した。
一方の今夏にはサネに対し、トッテナムより移籍金1200万ユーロがオファー。しかしシャルケ側はこれを拒否し、代わりに2019年まで契約を更新している。
「リロイは間違いなく、シューティングスターになれる器がある」とブライテンライター監督。だがそれと同時にサネはじめ期待の若手選手には、シャルケとしては過度なプレッシャーはさけたいところだ。
kicker.de
最近のシャルケの関連記事