Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月11日

ダルムシュタット、マドルングに関心

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルムシュタット|既に今夏の移籍市場は閉まったが、しかしまだダルムシュタットはチームの補強を考えている。そのターゲットとなるのは当然、現在フリーとなっている選手たちだ。
Alexander Madlung
「フリーの選手で興味深い選手がいれば、話し合う余地はあるよ」と、シュスター監督はコメント。
そしてkickerが得た情報によれば、ダルムシュタットはアレクサンダー・マドルングに関心を抱いているようだ。
33歳のCBは昨シーズン、フランクフルトにてブンデス22試合に出場、フランクフルトから延長の提示もあったが断りフリーとなっている。
そしてそのフランクフルトから程ない場所に位置するダルムシュタットにて、マドルングが次のキャリアへと進む可能性はあるだろう。

ダルムシュタットは今夏、ブンデスの経験を有した選手を獲得しており、フランクフルトで38試合、ヴォルフスブルクで166試合、ヘルタ・ベルリンで81試合に出場した同選手は、その傾向にマッチしている。

CLに出場するレバークーゼンとの一戦を前に、シュスター監督は「全力を尽くすよ。ただ守りを固めるだけでなく、意欲的に前に向かってもいかなくては」と意気込みを見せた。
Marco Sailer
レバークーゼン戦に自信を見せるシュスター監督

なお、今回の試合では膝に打撲を受けたザイラーが出場可能。その一方で、足首を負傷しているシュタークのメンバー入りは見送られている。
またシュスター監督は、先日kickerでお伝えしたアレクサンダー・マドルングに対する関心を認めた。
現在ダルムシュタットでは、CBはカルディローラ、スル、ゴルカの3選手のみとなっており、いざという場合にはディアス、シュターク、ユングヴィルト、ニーマイアーらが緊急措置という状況だ。
これまで昇格組ながら、開幕から3戦無敗を継続しているシュスター監督は「自信をもってレバークーゼンに乗り込む。何かを手にすることができるというのは、これまでに見せてきたところだ」と語った。
kicker.de

最近のダルムシュタット関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker