ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月09日

ザイラー負傷も大事に至らず

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルムシュタット|マルコ・ザイラーが午後の練習中に倒れ、フィジオセラピストによる治療を受ける場面があった。
Marco Sailer
だがシュスター監督は「酷そうに見えたかもしれないけどね、でも大したことではないよ」とコメント。
ザイラー自身も「膝に打撲を受けてね」と、ロッカールームに下がる前に述べている。
水曜日に膝の反応を見て、練習参加の可否を判断することになるだろう。
なお火曜午後はボールを使い集中的に練習を行ったシュスター監督は「火曜は最も負担のかかる練習をするときなんだ。今回は二日間の休養の後だったしね、長く練習しても問題はないよ」と説明。
なおこの日の練習ではパトリック・プラティンの姿がなかったが、シュスター監督は「筋肉の痛みを感じてね、リスクを避けるために見合わせたんだ」と語った。
kicker.de

最近のダルムシュタット関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報