Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月08日

清武ら3選手が練習復帰

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハノーファー|現在、他クラブでは代表戦期間により主力の大半を失っているところだが、ハノーファーでは月曜に3選手が練習復帰を果たした。



Hiroshi Kiyotake
個人的な事情により日本に戻っていた清武弘嗣は、再び月曜から練習に参加。6月の代表戦で中足を骨折したMFだが、既にチームメイトらとともに練習を行っている。

またサリフ・サネもチーム練習復帰を果たした。膝に問題を抱えるボランチだが、開幕から3試合ともフル出場を続けているところだ。

もう一人の復帰組はメヴリュト・エルディンチ。トルコ代表に参加していたものの、メンバー入りを果たすことなくハノーファーへと戻って来た。

さらに今週は、胃腸炎により離脱中のフェリックス・クラウスの復帰も見込まれている。
Nicht immer alles im Griff: Hannovers Marcelo (oben).前向きな気持ちを失わないマルセロ

先日のマインツ戦での3失点目について、「もちろんあれは僕のミスだ」と振り返ったマルセロは、さらに「試合を通じて、僕たちは何も特別に良かったというところはなかったよ」とも振り返った。
これでチームは3戦未勝利。だが南米の男の気持ちは前向きだ。
「まだ3試合にかこなしていない。これからも僕たちは取り組み続けていくよ。悪い試合は忘れ、ドルトムント戦のことを考えるんだ。
ほかのクラブだって、最近の試合で負けているところもあるんだし。何もハノーファーだけじゃないよ。」
今夏には自身は2018年まで延長。その一方でハノーファーは、移籍市場の終盤で動きを見せなかったが「それは首脳陣や監督らが行うことだ。僕は一人の選手にすぎないよ」とコメント。

「僕たちはいいチームで、いい選手がいる。ただ最近はとにかくいい瞬間を目にすることができないね」との考えを示している。
kicker.de

最近のハノーファー関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker