ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月06日

ポーランド代表戦での3人の勝者

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ代表|守備に問題を抱えワールドクラスの戦いを見せられていないドイツ代表。それでも今回のポーランド代表戦は、W杯後でベストパフォーマンスを披露したと言えるだろう。そしてこの試合では、勝者として3選手の名前を挙げることができる。



Hector und Götze
一人目はマリオ・ゲッツェだ。2得点のみならず、レヴァンドフスキに対するディフェンスでも貢献。レーヴ代表監督からの大きな信頼に対して、MOMの活躍で応えてみせた。偽9番としてCFの解決策になれることをアピールしたゲッツェは、試合後「チームの助けになれば、それだけいいことだよ」とコメント。

なおクリンスマン監督時代でも選手を乗せるよう工夫してきたレーヴ氏は、この試合でも終了間際にゲッツェを交代、観衆はスタンディングオベーションで迎え入れている。

二人目の勝者は、2アシストをマークしたヘクターだ。代表6試合目となった遅咲きのSBは、まさにドイツ代表にとって「発見」となりそうだ。

オフェンスで効果的であり、なおかつディフェンスでも安定。まるで教科書のようなSBとしてのプレーをみせている。特に1点目となったベララビとのコンビネーションを見事であり、このパフォーマンスを保つことができれば、左SBでの問題を解消してくれることだろう。

そしてもう一人の勝者はギュンドアンである。途中から出場したドルトムンターはトップ下としてプレー。明らかにエジルよりも存在感を示しており、見事なパスでポーランド守備陣を翻弄。前線の選手たちへシュートのお膳立てをしていた。

ドイツ代表での中盤の争いは、トゥヘル新監督の下で復活したギュンドアン無しでは語れない。

kicker.de

ドイツ代表関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報