Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月05日

カリウス「怖気づく必要はない」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインツ|代表戦あけからはタフなスケジュールが待ち受けているが、守護神ロリス・カリウスはハノーファー戦後、「怖気付く必要なんてない」と意気込みを見せた。



Loris Karius
「ここまでの勝ち点のペースはいいよ。確かにインゴルシュタット戦では勝ち点が欲しかったけど」

昇格組とのホームでの開幕戦で0−1と落としたマインツ。だがその後はグラードバッハ、そしてハノーファーと連勝を重ねた。

これからはシャルケ、ホッフェンハイム、レバークーゼン、さらにはバイエルン戦が控える。今季を占う上での1つのポイントとなるだろうか?

「シャルケ戦で勝ち点を得たいね。できれば勝利したい」とカリウス。

昨季の第30節では、マインツはシャルケから2−0で勝利を収めた。そしてそこで特に活躍を見せていたのがベルとカリウスの二人である。

「そういった相手に対してもいいチャンスはある。ブンデスはそう簡単にはことが運ばないリーグなんだ。気分良くプレーできているか、大きなプレッシャーにさらされているか。それは大きな差になるよ。ここで幾つか勝ち点を取れれば楽になれるだろうね」


kicker.de
マインツ関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker