ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月04日

ロッベンが4週間の離脱へ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン|バイエルンに辛いニュースが届いた。アリエン・ロッベンが木曜日に行われたアイスランド代表戦で、内転筋に筋損傷を負ったことが判明。これから1ヶ月の離脱に入ることとなる。
Arjen Robben
この日オランダ代表主将として最初の試合に臨んだロッベンだったが、試合に0−1で敗れ欧州選手権出場に黄色信号が灯ったのみならず、自身も大腿筋に痛みを感じ途中交代を余儀なくされた。
「背中に違和感を感じたんだけど、それが鼠蹊部にまで広がったんだ。それ以上プレーできなかったよ。もう無理だった」と木曜に語っていたロッベン。
金曜にバイエルンのチームドクターが下した診断結果は、左内転筋の筋肉の損傷のため、これから4週間の離脱に入るというものだった。
これにより同選手は12日にホームで行われるアウグスブルク戦のみならず、4日後のCLオリンピアコス戦、19日のダルムシュタット戦、22日のヴォルフスブルク戦、さらには26日のマインツ戦も欠場するということになり、もっとも早いパターンで29日のザグレブでの復帰する可能性がある。

kicker.de
最近のバイエルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報