Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月04日

レーヴ監督「ゲッツェは先発する」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ代表|欧州選手権予選の山場、首位のポーランド代表戦を前日に控え、ヨアヒム・レーヴ代表監督がプレスカンファレンスに出席。エジル、ロイス、ジャンなどについて語った。

Bundestrainer Joachim Löw
代表監督:レーヴ
最大限の結果を得られれば、我々は勝ち点で相手を上回ることができる。ただプレッシャーにさらされているようには見えないよ。我々は自分たちの力でそれをつかめる状況にあるし、チームはこれまで、最近とは別の印象を残しているところだ。
当然、今回の秋は我々にとってタフなものだ。この3試合で最大限の成果をあげ、そして欧州選手権の切符を手にしたい。
欧州選手権は重要な目標であり、2018年連覇に向けてのミッション2だ。
… 3バック?4バック?
両方オプションだね。選手のクオリティのおかげ、どの戦術を取り入れることもとても容易なことではあるよ。
… ロイスが離脱
とても残念だ。水曜日には既に、彼は練習をしっかりできないと訴えていた。彼の不在は決して嬉しいものではないよ。マルコはオフェンスにおいて、特別な瞬間を作り出せる選手なのだから。
代わりの選手については、最終調整の印象で判断する。
… エジルの状態は?
プレーするだろう。水曜は普通に練習を行えていた。
… ゲッツェやミュラーがフレキシブルに対応できる
彼らのポジションチェンジは何度も行いたい。ゲッツェは先発するよ。彼は狭いスペースでもとてもうまく答えを見つけられる選手だ。彼の持ち味を発揮してくれると思っている。
… ポーランド代表戦に向けて
守備的に構えるチームに対して、我々は自分たちが持つオフェンス力とテクニックを発揮できなくてはならない。ポーランドもあまりキープはしないだろうし、グルジアと同じだ。
8〜10人が後ろに張り付いている状況から答えを見つける必要がある。またレヴァンドフスキ以外にも、二人の選手のカウンターにも気をつけなければ。
彼らは今、グループリーグ首位の立場にあるし、その力を見せている。試合を楽しんでいるね。決して簡単にはいかない、それはわかっている。
Karim Bellarabi, Emre Can und Thomas Müller
… ジャンの右SBでの先発も?
それもオプションだ。確かに彼は3バックでプレーしているがね。いい印象を残しているし、いいパスゲームも、フレキシブルさも持っている。今晩はまたテストしてみてみるよ。


彼が見せているプレースタイルは好きだね。豊富なテクニックとクリーンなプレー、シンプルなパス、うまくポジショニングをする感覚も持ち合わせているよ。
… ジャンがU21欧州選手権後に語った自己批判を評価している
自分に一番厳しくなれるということは好きだよ。
DF:エムレ・ジャン
… U21欧州選手権後に自己批判
僕はそもそもスター選手気分に浸る性格ではない。大会の後で、正直に言ったまでだ。確かに決まり文句を言う人もいるけど、でも僕はそうしたくなかった。
… 代表選出について
誇りに思ったね。いろんなことを思い出したよ。最初のころ、これまでの道のりなどについてね。みんなフレンドリーで助けになってくれた。バイエルンやレバークーゼンといったキャリアの初期の段階でもね。自分のことを成熟していると言えると思う。たくさんのことを経験したんだ、選手としても人間としてもね。2009年から今日までの成長を改めて振り返るならば、ファンタスティックなものだったといえると思う。あの時は子供だったよ。
2試合で勝ち点6を得ること。それでフランスに向けて大きなステップを踏み出すことができる。それが僕たちがしたいことなんだ。そしてそのクオリティがこのチームには備わっている。そして僕がA代表デビューを果たせるチャンスはあると思う。

Wohltuend zuvorkommend und offen: Bayern Münchens Nationalstürmer Mario Götze. MF:マリオ・ゲッツェ
… レーヴ監督が先発起用を示唆
それは知らなかったよ。いいニュースだね
… 今夏には移籍の話題も
僕個人としては、移籍のことはそんなに悩んでいないんだ。明確にバイエルンという答えだった。この2年間はとてもいい時間だったとも振り返れるものだよ。スタッツをみてもらっても、決して悪いものではない。
僕自身はとても大きなクオリティを持っていること、そしてその力を決して失ったわけではないこと。それを理解している。
… W杯優勝を思い出すとどう?
サッカーの世界はいい意味でも悪い意味でも、本当に早く物事が進んでいくんだ。楽しんでいるような余裕はないよ。
Mesut ÖzilMF:メスト・エジル
水曜にはじめてチームと一緒に練習をした。僕にとっては膝の反応を見るちょっとしたテストだったんだけど、ここまではとてもポジティブだね、膝はいい感じだよ。
これが変わらないことを願っているし、ポーランド代表戦で100%の力をチームにもたらしたい。
僕たちはこれから重要な試合を迎える。その意味も明確に理解しているよ。ワルシャワではポーランド代表は、世界王者を倒せるというところをみせていた。警鐘を鳴らされたし、今回は順位を正しいものにするチャンスだと思っている。そのためには2試合ともに勝利を収めなくてはならないけどね。
kicker.de

ドイツ代表関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker