ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月04日

インゴルシュタットのタフガイ、バウアー

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インゴルシュタット|先日のアウグスブルク戦で途中から出場したロベルト・バウアー。だがその最初の対人戦で足首の内側と外側の靭帯を部分断裂していたことが明らかとなった。



"Sensationell": Ingolstadts Robert Bauer spielte mit Teilabriss des Innen- und Außenbandes.
だがそれでも20歳の若者は痛みに耐えて最後まで出場。ハーゼンヒュットル監督は「すごいね」と舌を巻き、自身にも同様の経験があるそうだが「すぐにまた交代した」ことも明している。

なおバウアーがこれから1〜3週間は離脱を余儀なくされるとのこと。

ダルムシュタットではエンゲルも臀部に強い捻挫をかかえ離脱しており、さらにつま先の手術から回復をはかるダニーロは「まだ数週間はかかる」(ハーゼンヒュットル監督)見込みだ。

ただし左SBにはスットナーがオプションとして控えている。

kicker.de
最近のインゴルシュタットの関連記事