ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月03日

ビアホフ「この順位を正したい」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ代表|欧州選手権予選ポーランド代表戦を二日後に控え、ミュラー、クロース、そしてビアホフ氏がプレスカンファレンスに出席。ビアホフ氏はポーランド戦、移籍市場、そしてリオ五輪についても語った。

Nationalmannschaftsmanager Oliver Bierhoff
マネージャー:ビアホフ
… ポーランド代表戦に向けて
この順位を正したい。我々は世界王者として、グループ首位通過が求められている。それは確かだ。
このチームが持つクオリティと姿勢については自信を持っている。起用されれば彼らはパフォーマンスを発揮してきた。ポーランドとの試合でも我々はうまくプレーし、試合を支配していたのだ。ただ得点を決めきれなかったんだよ。我々が深い位置に構えた相手に対する解決策を見出そうと取り組んできたし、そのためのクオリティを見せられると思う。
このホットな秋で我々は勝ち点を重ねていきたい。10月から欧州選手権について取り組んでいきたいと思うよ。
レヴァンドフスキはすばらしい選手で、ぜひ自分のチームに加えたいと思う選手だ。国際的に見てトッププレーヤーにまでなったという印象を持っている。そういった評価はあるが、しかし試合後には彼の悲しむ表情がみたいね。
ポーランドは現在1位にいて、我々は2位だ。今は同じ立場にいるが、しかし前回は敗れたがまだ逆転の可能性はある。ただタフな仕事になるし、全力を出し尽くさなくてはならない。
… エジルは本気で五輪参加について口にしていた
アーセナルが許すとは余り想像できないな
Nationalmannschaftsmanager Oliver Bierhoff… 今夏の移籍市場の動きについて
ドイツにとってポジティブなことは、多くの資金が海外の市場から入ってきたということだ。ヴォルフスブルクがマンチェスター・シティから移籍金を手に入れ、それでブンデスのクラブから新たに選手を獲得する。そうしていくことで下位のクラブや2部などのクラブにも財政面での影響が及ぶことになる。
ただブンデスにとっての小さな問題となるのが、プレミアは高額のTV放映権料、最下位のチームでさえバイエルンを上回るという状況だ。ブンデスのトッププレーヤーの何人かは、将来シャルケやレバークーゼンではなく、サウサンプトンやトッテナム移籍を選択するようになるかもしれない。
ファン離れを引き起こさないように気をつけなければ。お金だけではなく、競技面についても気を配っていく必要があるよ。
過大評価された選手も出てきて、ほどほどの選手にもかかわらずサラリーに高額なサラリーが生まれる危険性もあるよ。これはクラブにとって問題だ。
目的は面白い戦いができるというところにあるべきだ。だからアメリカで採用されているサラリーキャップやドラフトに、私は感心を抱いている。ただ欧州の法律を考えれば導入は困難だろうがね。
DFLの放映権料の分配方式は模範的なものだ。UEFAも欧州の戦いを長期的に面白くしていくことを考えていく必要があるだろう。
プレミアが近いうちに、ブンデスやリーガに追い抜かれる時がくるとは思わない。それは最近数年間で示していることだし、私の考えが変わることもないよ。プレミアは常に多くの投資を行っている。
Thomas Müller und Toni Kroos
MF:トーマス・ミュラー
… ポーランド代表戦に向けて
ポーランドとの試合はレヴァンドフスキだけではない。彼らは全体的にいいカウンターサッカーを見せるし、危険な選手を多く抱えている。3選手で1人を守るというのは、現代サッカーにはそぐわないよ。
… 五輪のオーバーエイジ枠について
その直前に欧州選手権があるから、クラブが許可を出してくれるのかわからないな。僕にはどうしようもないことだよ。
… エジルは参加について口にしていた
3人のベテランだけしか参加できないけど、でもたぶんメスト一人でほぼ十分なんじゃないかな
MF:トニ・クロース
… 五輪のオーバーエイジ枠について
サッカー選手として、僕にとってはオリンピックというのは、欧州選手権やW杯のような地位をしめているというわけではないね。
監督:ヨアヒム・レーヴ
… エジルは本気で五輪参加について口にしていた
日程を考えると、それは想像できないね
kicker.de

ドイツ代表関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報