Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月02日

ブライテンライター監督「ドラクスラーは残ると思っていた」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルケ|ユリアン・ドラクスラーの移籍で多くの資金を手にしたシャルケ04。だがマネージャーのヘルト氏は、その後釜を獲得することはしなかった。一体なぜなのだろうか。



André Breitenreiter und Horst Heldt
ヘルト氏はシュトゥットガルトのコスティッチ獲得に動いていたことは認めながらも、プランBは用意していなかったという。「お金をただ投じるというわけにはいかない」

そして同氏は「クラブ史上最高額の移籍金を生んだ」金銭面での成功を強調した。

だがその一方でブライテンライター監督は「ベストプレーヤーを失った」との見方を述べ、「週末までは残留すると思っていた。そうじゃなくては金曜の試合で起用なんてしていない」と語っている。「クラブも周囲も、なぜ彼を移籍させなくてはいけなかったのか考えないと」

ヘルト氏が後釜探しでリスクをおかせなかった理由として、クラブがかかえる1億6390万ユーロの債務が挙げられるだろう。

「結果はこれから、見てみることになるさ」とヘルト氏。

左サイドはシュポ=モティングがプレーすることになるだろうが、右サイドは若手サネか。もしくはシステム次第ではマイアー、ゴレツカ、ホイビェリらもオプションということになるだろう。また遅れを取り戻しているサムも控えているところだ。

ただサムを除いて若い選手が非常に多い。

ブライテンライター監督は「若い選手は周囲からお膳立てされており、決して容易な状況にあるわけではない。綱渡り状態だよ。それでも成長のために時間を与えることだ。我々には義務がある。若い選手は敏感だよ。才能を無駄にしてはいけない」とコメント。

その一方でヘルト氏は「うちは、若手にチャンスをあげるよ」とポジティブな見解を示した。

なおケヴィン=プリンス・ボアテングの売却はならなかったが、しかしまだ移籍市場が閉まっていない海外のクラブに移籍する可能性はまだ残されている。

Benedikt Höwedesヘヴェデスがチーム練習に参加

昨シーズン終盤で抱えた足首の負傷により、ここまで離脱が続いているベネディクト・ヘヴェデスだが、水曜日にはチーム練習の一部に参加した。

「またチームメイトと一緒にできて素晴らしいね」と語った27歳の主将。

シャルケではナスタッチが長期離脱中にあるが、今後の状態次第では9月13日に行われるマインツ戦にも、ヘヴェデスは復帰を果たす可能性がありそうだ。

なおマルコ・ヘガーが膝の問題により、水曜日に行われた練習を中断。今の所はまだ診断結果は出されてはいない。

kicker.de
最近のシャルケの関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker