ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年09月02日

フリードリヒのレンタル破談にシャルケが苦言

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルケ|マルヴィン・フリードリヒのハンブルガーSVへのレンタル移籍が間近に迫りながらも、直前になって破談となったことにマネージャーのヘルト氏が苦言を呈していたが、ハンブルクのクネーベルSDが考えを発表した。



Sollte eigentlich ab sofort das HSV-Trikot tragen: Marvin Friedrich.
実戦経験を積ませるため、レンタル料30万ユーロで話を進めていたシャルケ。「4つのクラブに断り」を入れ、フリードリヒ自身も移籍を楽しみにしていたという。

そしてハンブルクは午後に契約内容を若干修正したものをシャルケへ送ったが、その2時間後に断りの連絡が入れらたという。理由は予算の限界を超え、相談役会に申し立てを行う意思がないというものだった。

シャルケはこの対応に対して理解に苦しんでいるが、ハンブルクのクネーベルSDは「確かにマルヴィンをレンタルしたかったが、シャルケと彼の代理人には常に、レンタル成立は我々の金銭の範囲内の場合であると強調してきた」と説明している。

その一方でCBの減少を予想して、シャルケはサンタナのライセンスを確保していたのだが、結果的にフリードリヒもチームに残る結果となった。

kicker.de
最近のシャルケの関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報