ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月31日

シュミット監督「疲労も蓄積している」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインツ|DFBポカール2回戦では2部1860ミュンヘンに敗退を喫したシュミット監督。ここまでの選手たちの疲労を懸念すると同時に、週末のアウグスブルク戦に向けた意気込みも述べた。




マインツ05
Martin Schmidt監督:シュミット
何人かのリーダー的選手は、もっとよくプレーしなくてはならないよ。
ただ1860戦での失点の場面については、ブンガートが悪かったわけではなく、むしろボールの行方の問題だったさ。しかしミスは、次にいいプレーをみせるチャンスでもある。
それにもし主力が34試合ずっと高いレベルでプレーしていては、来年はこのチームはなくなってしまうよ。ただ選手自身はそれを望むものだし、ブンガートもそうで、とても残念がってもいるよ。
あと体が気づいていないのかもしれないがね、疲労も蓄積している。これはうまく調整していかなくてはならない。
トルコ代表を選択したマリは、これから数週間の戦いをわくわくして臨むことだろう。
彼はリーダー的選手の一人にまでなっている。ただそれを継続し続けていくということは、また別のことではあるがね。
怪我を思えばハイロの不振はわかるものさ。戦えるようになるのに、あと数週間は必要だろう。


Schwächephase: Der Mainzer Innenverteidiger Niko Bungert.
… タフなスケジュール
そんなにいろいろと練習できるわけではない。ディフェンスへの姿勢に集中的に取り組むといった、長い練習も行えないしね。
これからアウグスブルク戦だ。そこでまた勢いづけるかもしれない。うちのストロングポイントは、ボールを奪ってから素早く最前線に供給するということ。これなんだ。
… アウグスブルクはホームの方がいい戦いを見せている
アウェイ戦は決してデメリットではない。ただアウグスブルクはいい感覚を持って試合にはいることだろう。ブンデスで次のステップへと踏み出したいはずだ。ELとポカールで見出してきたところだしね。
マネージャー:ハイデル
… 公式戦6試合で5敗
現状はマインツにとっては普通のことだ。もっと悪い場合だってありえたよ、10試合で勝ち点12よりもね。そしてこれまでに我々は、困難な状況を乗り越えてきている。またそうなると確信しているよ。
これは普通のことさ。それでも敗戦したら気分のいいものではないが、パフォーマンスの安定感の欠如はうちにはつきもの。そうじゃなければトップクラブの仲間入りさ。クリスチャン・クレメンス離脱に備え、そういう選手を5人ベンチに置けるわけでもないんだし。彼がいてくれたらと思っても、諦めるしかないのだよ。
Muss auf bis zu acht Spieler verzichten: Der Mainzer Trainer Martin Schmidt.
kicker.de
マインツ関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報