ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月27日

武藤負傷欠場か、シュミット監督「入れ替えはある」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインツ|「選手の入れ替えはあるだろうが、そこまで多くのオプションがあるわけでもない。」と語ったシュミット監督。ブレーメン戦からベングトソンやブロシンスキの先発復帰も考えられるだろう。
Wiedergutmachung gegen 1860 München: Mainz-Trainer Martin Schmidt.
FWでは足首を負傷した武藤嘉紀の欠場が濃厚と見られ、指揮官は「ニーダーレヒナーは明日の候補の1人だ」と明かした。ただし、デ・ブラシス、ハイロをトップで起用することも考えられる。
なおそのブレーメン戦で手の関節胞を負傷し交代したラッツァだが、こちらは保護を装着することでプレーが可能となる模様。
2部1860との2回戦に向け、シュミット監督は「また
軌道に戻して最近の戦いの埋め合わせをしていきたい。開幕ダッシュをまたうまくつなげていきたい」と述べ、「おそろしい流れに陥るとは考えていないよ」とコメント、「今回は明らかに我々の方が有利な側だ。これはトーナメント戦で勝利を収めるしかない。名声もかかっている」と意気込みを語った。
kicker.de
マインツ関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報