Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月26日

マインツ1−3ブレーメン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ|10月24日の日本時間22時30分(ドイツ時間15時30分)から行われたブンデスリーガ第10節、FSVマインツ05対ヴェルダー・ブレーメン戦の試合後コメントや写真、この試合のマン・オブ・ザ・マッチやkicker採点を掲載。




MOM:アンソニー・ウジャー
 

 先発(kicker採点つき)

マインツ05
Niko BungertCB:ニコ・ブンガート
… わずか9分間で3失点
あんなことがあってはいけない。たったそんなものだったのかい?信じられないよ。
… 対人戦でラッツァが負傷、それによる恐怖心のようなものが?
あとからならなんとでも言えるさ。でもいいわけにはならない。
それに交代が影響したとも言わないよ。そう見えてしまうのはわかるけど、でも事実として僕たちは、3度もカウンターをあまりに簡単に許してしまっているんだ。
… ただ0−1でPKを取れなかった
あのPKを取れなかったのには苛立ちを覚える。PA内で2回もフィジカルコンタクトがあったにもかかわらず、それでも十分なものではなかったんだ。
マネージャー:ハイデル
ギリギリのところではあるが、しかし明らかなPKだよ。別にテクノロジーどうこうの話ではなくね。100万通りもの理由がみつかるものだった。ただ敗戦は審判によるものではない。それは確かだよ。我々は試合の中でブラックアウトしてしまった時間があった。自ら試合を明け渡してしまったのだよ。
Hatte sich seinen 29. Geburtstag anders vorgestellt: Niko Bungert unterlag mit Mainz dem SV Werder Bremen.
ヴェルダー・ブレーメン
Viktor Skripnik監督:スクリプ二ク
今日は全て、我々にとってうまく希望した日となったね。あとディフェンスに対する姿勢にもとても満足しているよ。今回の勝利は順位表だけでなく、メンタル面でみても重要なものだ。

マネージャー:アイヒン
… 2得点に絡んだガルシアについて

サンティは70mのスプリントを、一貫して突き進んでいた。
そして危険になると、ボールを受け取れなかったりしたりしたときは、今度はフルスロットルで70m戻ってきた。こういったスタイルが、あの得点へとつながったんだよ。そこらへんを特にうれしく感じるね。
Immer voller Einsatz: Bremens Santiago Garcia, hier rechts gegen den Mainzer Balogun.
Fin BartelsMF:フィン・バルテルス
とても確信をもって、あまり相手に自由を与えずにプレーしていたよ。今日の僕たちは効果的で、チャンスを活かせていた。それが違いだったよ。失点に関しては、正直どうでもいい。今日はとにかく勝利が重要だ。喉のつかえがとれたという感じだよ。

Anthony UjahFW:アンソニー・ウジャー
バイエルン戦でも、僕たちはいい戦いを見せていたし、今日もそれを継続することができた。

最近数週間は大きなプレッシャーがあったけど、でも今はそれから解放されたね。

Zlatko JunuzovicMF:ズラトコ・ユヌゾヴィッチ
このポジティブな雰囲気を、これから数週間も継続していければと思う。

Erlösung: Torschütze Anthony Ujah (re.), Trainer Viktor Skripnik (M.) und Co-Trainer Torsten Frings jubeln über Ujahs ersten Treffer.

写真で見る:マインツvsブレーメン
1. FSV Mainz 05 - Werder Bremen 1:3


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker