Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月26日

スル、ラウシュ、ガリッチの出場が危惧

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルムシュタット|ヴォルフスブルク戦の75分に交代したガリッチ、77分に交代したラウシュ、さらにフル出場したもののスルも、ポカール2回戦ハノーファー戦での出場が危惧されているところだ。




Angeschlagen: György Garics, Konstantin Rausch und Aytac Sulu (v. li.).
ユングヴィルトと交代を余儀なくされたガリッチは臀部に問題を抱えており、さらにラウシュはふくらはぎに負傷を抱えている。

シュスター監督は日曜午前に「二人とも治療を受けているところだ」と語った。

まだ両選手とも出場に希望がもたれているが、さらにスルの出場もまだ未定のままとなっている。

もしもスルが離脱となれば、先月に契約を交わしたライコヴィッチがデビュー戦を飾ることになるだろう。同選手は膝の問題も癒え、週末の試合ではベンチ入りも果たした。

なおこの試合で内転筋の問題により欠場したホランドも、引き続き欠場するとが濃厚とみられる。

kicker.de

最近のダルムシュタット関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker