ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月23日

結果、コメント:ASローマ4−4レバークーゼン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レバークーゼン|10月20日の日本時間27時45分(ドイツ時間20時45分)から行われたチャンピオンズリーグ GL第3戦、バイヤー・レバークーゼン対ASローマ戦のMOMや試合後コメント、kicker採点などを掲載。


MOM:ジェルヴィーニョ
 

 先発(kicker採点つき)

バイヤー・レバークーゼン
Schmidt, Roger監督:シュミット
選手たちが見せた追い上げは見事なものだった。それ以外のことについては、普通のものとはまったく異なるものだったよ。こういった試合をみるため、人々はスタジアムへと足を運ぶのだ。

そしてこういう試合が我々に好影響をあたえてくれるね。

Bernd LenoGK:ベルント・レノ
最終的には5−4で勝てるチャンスはあったけどね。でも全体的に見て、僕たちは決してそこまで満足できるプレーは見せていないよ。

Kevin KamplMF:ケヴィン・カンプル
とても満足している。勝ち点2差をキープできたしね。負けなかったことは、今回ポジティブなことだよ。バルサがおそらく1位で通過するのははっきりとしているんだ。ローマとの直接対決は重要。そして今回はいい結果を得られたね。注目すべきは、僕たちはもう少しで5−4とできたかもしれないことだ。

ただ僕たちは思っていたことができたというわけではない。あまりにセカンドボールで敗れ、アグレッシブに取り組むことができず、相手にボールをあたえて得点チャンスをあたえてしまっていたんだ。

選手間の間隔が開きすぎ、受け身になり、2度のセットプレーで眠ってしまっていたよ。それで試合を戻させてしまったんだ。彼らにはクオリティがある。逆に僕たちはサッカーをできずに問題を抱える結果となった。

Ömer Toprak und Kevin Kampl gegen Mohamed Salah
SD:フェラー
5得点目もとれそうだったけど。誰も期待なんてしていなかったことだよ。これまでそういう気持ちはかけていたものだった。

… 2−0から4失点
追加点を取ったところで、緊張感が完全に切れてしまった。ローマには早いいい選手がいる。とてもうまくプレーしていたよ。

… そこから再び追いついた
非常にリスクをかけていった。監督はいい選手交代を行ったよ。ブラントを見て、何かやってくれるという感覚を覚えた。

ローマCB:アントニオ・リュディガー
最初は眠ってしまっていて、それから取り掛かったという感じだった。そしてその後に起こったことについては説明できるものではない。

… 4−2から追いつかれた
レバークーゼンは前に向かって攻め続け、我慢をみせていた。たぶん僕たちは、3−4となってショックを受けたところがあったのかもしれない。

Bayer 04 Leverkusen
写真で見る:ASローマvsレバークーゼン
Bayer 04 Leverkusen - AS Rom 4:4
kicker.de
最近のレバークーゼン関連記事




  • ブンデスリーガ・各チーム情報