Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月22日

武藤が壁を乗り越えると信じる指揮官

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインツ|ドルトムント戦での前半6分、ブロシンスキが良い形で中にボールを入れたが、武藤はGKビュルキにゴールを阻まれた。




Muss an der Chancenverwertung arbeiten: Der Mainzer Angreifer Yoshinori Muto.
ハノーファー戦で2得点をマークして以降、ここまで無得点が続いている武藤だが、シュミット監督はこれは当然の流れだと考えている。

「最初のうちは彼は知られていなかった。そして2得点をあげたり、アシストを決めていくうちに注目され、今はボールをもったら2・3人がチェックする」

次のステップはチャンスの活かし方だ。シュミット監督は岡崎と比較しながら、武藤について熱く語った。

「慎司がどれほど多く、そして精力的にプレーし我々の助けとなってくれていたか。そして彼は再び得点をしていったよ」

武藤がこの壁を乗り越えることを信じる指揮官。ドルトムント戦で精彩を欠いたが「ダルムシュタット戦では3人(武藤、デ・ブラシス、ハイロ)が互いに良いドリブルを見せていたよ」と述べていることからも、今回のブレーメン戦も引き続き起用されることになるだろう。

ただその一方でシュミット監督は、武藤はまだ多くの部分で改善の余地があると考えている。「まだ多くあるよ。対人戦もその1つだ」

ドルトムント戦では、代表戦による疲れの影響もあった。ただ今回は回復を果たすことになる。そしてニーダーレヒナーとともにライバルであるコルドバについては、まだ負傷からの回復を目指しているところだ。


kicker.de
マインツ関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker