ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月22日

ドゥット氏「安堵しすぎないこと」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュトゥットガルト|かつて指揮を執ったレバークーゼンとの対戦が控えるマネージャーのドゥット氏。今回の対戦では、今夏そのレバークーゼンから関心が寄せられたディダヴィにも注目が集まる。



VfBシュトゥットガルト
Alexander Zorniger
監督:ツォルニガー
… 特にボランチに負傷者が
なかなか落ち着けないね。

… ルップにチャンス?
誰がプレーすることになるのか、見ていこう。

… レバークーゼンについて
彼らのスプリントも対人戦も試合も、我々と同じ作りをしている。ただ彼らの方が一日の長があるがね。

 我々が考える頃には、彼らは既に動きに出ている。

相手をスピードに乗せないということ。素晴らしいクオリティをもったチームだし。彼らのそのストロングポイントを、我々としてはブーメランにように活かしたいところだね。

… ディダヴィには今夏レバークーゼンから関心
彼はどんどん責任を負ってくれている。明確に要求し、フィジカル面でもよくなってきているよ。

彼がこのクラブのことに集中していると100%確信している。そしてこのまま残留してくれるとも希望しているよ。

Alexander Zorniger mit Lukas Rupp
マネージャー:ドゥット
… インゴルシュタット戦での勝利について
この勝利については我々全てがしっかりと頭の中を整理しておく必要がある。第9節まででの勝ち点は7。ここまでいい戦いをみせている相手とはいえ、昇格組から勝利を収めた上でね。大喜びするほどのことは全くないよ。

ただしっかりとしたメンタリティと限界まで力を出し切るという姿勢を見せるのであれば、我々はレバークーゼンからも勝ち点を得られるチャンスはあるさ。

とにかく安堵しすぎないことが重要だよ。レバークーゼン戦は試金石だ。確かにレバークーゼンをリスペクトしてはいるがね、しかし縮こまって戦うようなことはしないよ。

確かに悪くないパフォーマンスだったが、プレーの面でみれば少し後退が見てとれた。

… ディダヴィには今夏レバークーゼンから関心
選手がどうこうとか議論は仕方のないこと。ただフェラーSDはちゃんと仕事仲間としてしっかりと連絡を取り、チャンスについて確認をした。そして我々はディダヴィ放出に関心がないことを伝えているよ。

… 今夏に無償で放出の可能性も
確かにそれはある。契約が切れ、彼が新天地を選択するのならね、そうなったらとても残念なことだよ。ただ我々としては引き続き延長を模索していくし、ぜひともこのまま残留させたいと思う。

Robin Dutt und Rudi Völler
kicker.de

シュトゥットガルト関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報