ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月21日

シュミット監督「ハイデル氏のことはテーマではない」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインツ|マネージャーのハイデル氏に対するシャルケからの関心が伝えられているマインツだが、シュミット監督はこの問題から距離を置き、チームの成長に向けて取り組んでいるところだ。




マインツ05
Martin Schmidt
監督:シュミット
… ハイデル氏について
全てが憶測ではないか。もしも事実に基づいているのであれば、コメントをするよ。しかし今は無駄にことを荒立てるだけさ。日々ハイデル氏とはチーム作りについて意見交換を行っており、それが唯一無二で重要なことなんだ。他のことはテーマではないよ。
… ブレーメン戦に向けて
対人戦を模索し、挑んでいくことが重要だ。
… 前節のドルトムント戦について
試合後にとにかく批判を口にしたよ。今日はちょっと褒めなくてはならなかったがね。ただ私は批判的でありたい。ベンチに座って「ドルトムント戦はそこまでよく見えなかったよ」なんていうタイプの監督ではないんだ。我々は敗れた、重要な対人戦で敗れた、そして重要なパスをしっかりとできなかった、といくべきだ。このことを頭の中に入れて、今週の練習に励まなくてはならない。
チームには結果のために頑張ってもらいたい。敗戦に満足するような気持ちも持ってもらいたくはないよ。昨年は0−3や0−4でバイエルンに負けても、いい結果だなんて声もあった。ただ私からみれば、いい結果なんかではない。選手たちにはどの試合でも全力で打ち込み、そして勝利を目指してもらいたいと思う。
… 今はビルドアップ、キープ、カウンターのバランスを模索
そのあたりに取り組んでいるところだ。我々はここまでの間で特に、キープとビルドアップに関しては前進がみられ、カウンターも持ち合わせている。
"Ich will Spieler, die in jedes Spiel reingehen und gewinnen wollen": Der Mainzer Trainer Martin Schmidt.

kicker.de
マインツ関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報