ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月21日

長谷部が右SBで練習復帰

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルト|オーバーワークのため3日間の特別休暇を得ていた長谷部誠が、今週最初の練習から姿を見せた。なお「試す時期にある」と位置付けるフェー監督は、この日はシステムの変更に向けた取り組みを見せている。




Zurück in der Viererkette? Frankfurts Makoto Hasebe, hier links neben Ingolstadts Leckie.
「よりコンパクトにプレーしたい。互いにあれほど距離が開くことがあってはならない。グラードバッハ戦のような戦いでは、ブンデスでは生き残っていくことなんてできないんだ」コメント。どうやらシステムを中盤をひし形にした4−4−2から、4−2−3−1へと変更するようだ。

この日の練習から見受けられるところでは、トップにセフェロヴィッチ、その後ろにヴァルトシュミット、マイアー、アイグナー、ボランチにライナルツとシュテンデラを配置。そして長谷部誠はこの日、右SBでプレーする姿がみられた。

開幕時には右SBで先発を務めていた日本代表主将だが、その後はイグニョフスキやチャンドラーを起用。しかしフェー監督は「グラードバッハ戦では先発はイグニョフスキ、後半はチャンドラーだった。あれは私がみたいものではない」と述べており、今節のハノーファー戦では長谷部が右SBとして出場する可能性ができてきたことになる。


kicker.de

フランクフルト関連記事