Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月20日

ヘヴェデス「素晴らしい気分だ」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルケ|ヘルタ・ベルリン戦では先制弾を決めた主将ベネディクト・ヘヴェデスが、得点




In meine Arme: Sascha Riether wartet auf den Schalker Torschützen zum 1:0, Benedikt Höwedes.
…復帰時期について:
ベネディクト・ヘヴェデス:監督とは決して無理せずに作り上げていくという話をしていた。時折ひどい怪我から急いで戻って、またすぐ負傷を抱えてしまうということがある。それはどうしても避けたかったんだよ。だから僕は長期プランで練習を行い、それから10分間のプレータイムを得たんだ。そしてELでは90分出場。常に体に問いながらだったから、ベルリン戦ではいい時期だと思ったんだ。今週はいい感じだったし、監督もいい感覚を覚えていてね。先発として起用するために。
…マティプ同様に得点力を見せている
ヘヴェデス:ジョエルは空中戦でとても危険な存在だし、身長の高さも持っている。オフェンスでの空中戦は自分の得意とするところではあるし、貴重な先制点を決めることができたね。僕の場合はコンパクトな動きでちょっとしたメリットを作りだすんだ。
…カルーの得点につながったポジショニングのミスについて
ヘヴェデス:総じて見て、僕たちは受け身に構えていたよ。カルーは100%テンポを持ってきていたし、選手との距離感が空いてしまったらうまくいかなくなるというのを見る結果になったと思う。なにもこの状況だけが悪かったというわけではないんだ。こういうことはこれまでにも多く起こっていて。ただ今回は決勝点で救われたけどね。これからがまたタフな試合が待っている。だから自信を得られたことは重要だった。物事をコンスタントにこなしていけるようになれば、僕たちはもっとうまく戦えるようになると思うよ。
…決勝点について
ヘヴェデス:素晴らしい気分だ。それは決勝点の瞬間だけでなく、その前にもファンたちが1つの壁となって、僕たちの支えとなってくれていた。長い時間、数的優位にありながらおざなりにプレーしていたところがあったというのにね。僕たちは決して思っていたようなプレーができていたわけではないよ。
…ミスについて具体的に
ヘヴェデス:動きの中というのが多いし、裏のスペースに関することだね。僕たちはあまりに多くのカウンターのチャンスを与えてしまっていた。それで不必要に多くの問題を抱えてしまっていたよ。もちろん文句は言える。ただあまりにネガティブになりすぎることはしない。重要なことは、僕たちが最後の10分間で、また精力的にプレーできていたこと。そして決勝点が決まり、チームとして喜びを分かち合えたことなんだ。コーチ陣がピッチに駆け込んでいた姿を見れば、僕たちが1つとなって成長している姿を見てとることができただろう。
…マネージャーのヘルト氏の去就をめぐる問題の影響について
ヘヴェデス:全く気にしていないといえば嘘になる。でも僕たちは影響を受けるべきではないと話したんだ。それはピッチで観れたと思う。そこまで影響は受けてはいなかったよね。成功を続けていくために、自分たちのことをこれからもしっかりやり続けていきたいと思うよ。
…自身の延長については
ヘヴェデス:ここまでは特に話し合いは行われていない。僕たちは急ぐ必要はないと話しているんだ。そのうちにマネージャーが来ると思うよ。
kicker.de
最近のシャルケの関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker