ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月20日

スクリプニク監督、メディアに苦言

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブレーメン|バイエルン戦にも敗れ、5連敗を喫する形となったブレーメン。現在では、監督に対する話題も浮上しているが、スクリプニク監督はジャーナリストに対し苦言を呈した。




Viktor Skripnik
「君たちの場合、悪い、ダメだという感じだ。それは私の娘でさえわかるよ。だがスタジアムにいるおじいちゃん、おばあちゃんでもそれが悪いことだと見るさ。もしもマインツで負けたら、ドルトムント戦では私がいないかもしれないね。それが現実だよ」
その一方で、マネージャーのアイヒン氏は、「ヴィクトールにプレッシャーをかけさせないようにしないと。冷静さを保ち、この状況を克服していきたい。それはメディアのことも含めてね」とコメント。

「ヴィクトールは、クラブ全体から100%の支持を受けている。ブレーメンの未来は、彼とともにある。」と、同監督への支持を表明している。

kicker.de
ブレーメン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報