Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月19日

採点、結果:フランクフルト1−5グラードバッハ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ|10月17日の日本時間25時30分(ドイツ時間18時30分)から行われたブンデスリーガ第9節、アイントラハト・フランクフルト対ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦の試合後コメントや写真、この試合のマン・オブ・ザ・マッチやkicker採点を掲載。




MOM:マフムード・ダフード
 

 先発(kicker採点つき)

アイントラハト・フランクフルト
Marco RussCB:マルコ・ルス
最悪なのは結果だけだ。インゴルシュタットに0−2で負けたのとくらべ、今回の試合に臨む姿勢が正しくないというなら、それは認められないよ。全くナンセンスだ。
前半は中央で強さのあるグラードバッハに、うまくディフェンスすることができていた。比較的真ん中に集まって、それでグラードバッハはアウトサイドにいくようになったよ。後半では、2回のグラードバッハのビッグチャンスで、1−3とされてしまった。もっと考え、コントロールしたり、また前の方にいかなくてはいけなかったんだ。グラードバッハはポジショニングのミスを突いていた。


彼らは他のクラブに対しても、ボロボロとまではいいたくないけど、そうして相手にダメージを与えていたよ。
前半は、そんなにパスミスが多いとは思わなかった。ただ2点取られてからはひどかった。前に行こうとしていたしね。それからグラードバッハは完璧にまわるようになったし、ボールをうまく通していたよ。
別に試合前に自信満々だったというわけでもないさ。逆グラードバッハは勝っていて、自信満々っていう感じだったけど。僕たちはインゴルシュタット戦で負け、さらにここで手痛い目にあうことになったね。

Marco Russ
Armin Veh監督:フェー
また立ち上がらなくては。思ったようにできなかったことは、はっきりとわかっている。もっと安定感とコンパクトさが必要だ。
… プレッシャーをかける?
選手達は外部から十分にプレッシャーを感じている
… 残留争いを強いられた2014年と比較して
あの時とは違う。あの時はしっかりとしたプレーをしているにもかかわらず、勝ち点が少なかった。今はこういうプレーを続けてはいけないという状況であり、ここから抜け出さなくてはならないよ。
Wurde von Schiedsrichter Marco Fritz des Feldes verwiesen: Vedad Ibisevic.
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
Andre Schubert監督:シューベルト
… 就任から4連勝
この時を楽しんでいる。このチームと一緒に仕事をすることは大きな喜びだ。

… このまま継続することへの意欲は?
私はトップチームの監督になりたくないと言ったことは1度もない。ただ急いでそうなる必要はないと言ったまでだ。

SD:エベール
今は成功を収めているし、落ち着いて最善の決断を下すための時間が得られている。話し合いをしているし、方向性を検討し、情報を得ているところだ。ただ他の監督との交渉は行っていない。これから数週間はいずれにせよ、アンドレ・シューベルト氏が監督ということになる。

… このまま就任ということも?
サッカーの世界では何も否定することはしないよ。アンドレは見事な仕事をしているし、いい意見だって出てくるものさ。

Kann sich ein längeres Engagement bei Borussia Mönchengladbach vorstellen: Trainer Andre Schubert.




  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker