Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月17日

ヴァインツィール監督「話し合いをする」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウグスブルク|昨シーズンはクラブ史上初となるEL出場権獲得へと導いたヴァインツィール監督。だが今季は出だしでつまづきを見せており、昇格組ダルムシュタットとの負けられない一戦を前に「話し合いを行う」考えを示している。



FCアウグスブルク
監督:ヴァインツィール
… 今季リーグ戦では苦戦している
おそらく今の状況について、もう少し話し合いを重ねるかもしれない。基本的にはチームに不安を感じているわけではないがね。
ただ残留争いというのは、我々にとっておかしなものでは決してないのだよ。ただいつもの状態になり、そしていかにこの数年間は素晴らしいものだったのかに気づいているだけさ。
… ダルムシュタット戦に向けて
簡単に勝てると思うなら大間違いだよ。
シャルケ、レバークーゼン、ドルトムント戦での結果は、彼らのクオリティを示している。難しいタスクが待ち受けているよ。
… 膝に負傷を抱えるホンは?
数日間は離脱することになるだろう。
Markus Weinzierl
Paul Verhaegh主将:パウル・フェルハーフ
僕たちにとって、とても重要な一戦だ。頭をとにかくクリアにして臨まなくてはならない。
… これから再びタフなスケジュールへ
確かにタフなスケジュールによって体力は消耗してしまう。でも3・4日おきに試合をするというのは、しっかりとうまく回復するならフィジカル的に問題はないことだよ。
… ダルムシュタット戦に向けて
僕たちのタスクは解決策を見出すことにある。早く得点をあげられれば助けになるね。でも守備的に構えるチームと戦うことは、決して簡単なことではない。それはこれまで十分に思い知らされていることだよ。
それにダルムシュタットはすでに勝ち点10を獲得している。彼らをアンダードッグ扱いする必要なんてないさ。
Paul Verhaegh
kicker.de
最近のアウグスブルク関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker