Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月17日

手応えを感じているギズドル監督

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッフェンハイム|スタートダッシュでつまづいたホッフェンハイム。ここ3試合では勝ち点がついてきたが、ギズドル監督は手応えを強調。ポランスキも意気込みを見せた。なおホッフェンハイムは、SAP社との契約を2020年まで延長したことを発表している。




TSGホッフェンハイム
Markus Gisdol監督:ギズドル
… 最近3試合では勝ち点5
これが開幕からなら、いいスタートだと言っていたのかもしれないがね。しかしその前の5試合がちょっと残念な結果だよ。
8試合で勝ち点は6。これは決して素晴らしいものとは言えないさ。満足はできないよ。しかしくよくよしたところで始まらない。ポジティブに前を向いていかないとね。
この時期は、小さな前進をとげていく必要がある。最近ではうまく勝ち点を得られているし、明らかな前進が見られているよ。よりコンパクトにプレーし、一丸となって対人戦に臨めている。明らかに選手達の距離が縮まっているんだ。
我々は十分な得点チャンスも作り出せている。もしもそれがなければ大きな問題なのだが、確実にそう時間がかからずに、2・3点決まる時がくるよ。
… ヴォルフスブルク戦に向けて
今回のヴォルフスブルク戦では、勝ち点1を得られれば素晴らしいだろうね。彼らはまだ全てが潤滑に回っているわけではない。昨シーズンの得点の半分に関与したデ・ブライネとペリシッチが移籍したのだ。その穴埋めは簡単ではないよ。
しかし彼らのセットプレーにはうまく対応する必要がある。今季の半分はそこから生まれているのだから。
… DFBから審判批判で罰金8000ユーロ
もうあんなことはしないよ・・・たぶん。
"Es bringt nichts, Trübsal zu blasen": Hoffenheims Trainer Markus Gisdol.

Eugen PolanskiMF:オイゲン・ポランスキ
… つまづいた理由は選手の入れ替え、戦術、集中、運?
全部のミックスって感じだね。
僕たちのコンディションはいいし、それを土曜日の試合で見せたいと思うよ

… ロスタイムでの失点が多い
この状況をどうにかして止めたい。
8試合のうち3試合でロスタイムに点を許すなんて、そんなことが続いてはいけないんだ。
ホッフェンハイムのサッカーを最後まですること。92・93・94分まで力を出さないと。それが今週取り組んできたことさ
… ヴォルフスブルク戦に向けて
とにかく勝利への意欲が必要だ。人生をかけるくらいの勢いでね。それでヴォルフスブルクと戦うことができるだろう。
以前ほどヴォルフスブルクはいい状態にあるわけではない。ただ基本的にそれはどうでもいいことだ。自分たちのパフォーマンス次第さ。もしもそれを発揮できれば、何か手にすることはできるよ。
… 代表戦でいい結果を得た選手も
ほとんどの選手がいい雰囲気だね。ポジティブな印象だし、成功を収めてきている。こういうのもチームの助けになるものだよ。
Eugen Polanski
CEO:レティッヒ
… SAP社と2020年まで契約延長
SAPは通常のメインスポンサー以上の存在だ。テクノロジーのノウハウで世界的に有名な、地元の企業とパートナーシップを結ぶことは誇りだよ。
Freut sich über die ausgedehnte Partnerschaft mit dem Hauptsponsor: Peter Rettig, Vorsitzender der Geschäftsführung bei der TSG Hoffenheim.

kicker.de

ホッフェンハイム関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker