ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月15日

ステフェンス氏、両監督に賛辞

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルケ|現在シャルケで顧問の一人を勤めているフーブ・ステフェンス氏。「監督としてのキャリアを終えたわけではない」としながらも、「シュトゥットガルトでの3度目の復帰はないよ。シャルケでもね」と語った。



Huub Stevens
現在のシャルケについて、ステフェンス氏は「明確にラインを持っている」とコメント。「彼の手法。率直で、信じる気持ちが強く、ロッカールームの雰囲気もとてもいい。それはピッチ上でも見て取れる」と評価し、まさにシャルケが求めていた人材との見方を示した。

なお今回対戦するヘルタ・ベルリンもまた、ステフェンス氏にとっては古巣にあたる。ここまで5位と好調な戦いを見せており、かつての教え子ダルダイ監督について同氏は「何も驚くことはないね」と述べ「彼は選手としてチームプレーヤーだったし、全体を見渡すことができた。ヘルタ・ベルリンとダルダイ。これは合うよ」と賛辞を贈っている。

シャルケ04
監督:ブライテンライター
… 日付を挙げながら、過去について振り返っていきませんか?
そういうのは好きだよ!

… 2011年1月2日と聞いて思い出されるのは?
4部ハヴェルセの監督就任が発表された時だね。すでに降格の危機にあったのだが、私はこの挑戦をうけいれたんだ。失うものがなかったからね。そして我々は緻密に取り組み、そして最終的には誰も期待していなかった残留を果たすことができたよ。

… ポジティブな流れは続きます。2012年8月19日にはドイツ中の関心を集めました
ポカール1回戦で、ニュルンベルクから勝利を収めた、素晴らしい日だったよ。その前にハヴェルセは、クラブ史上はじめてランデス・ポカールで優勝を果たしたんだ。それでブンデス1部と対戦することになったのだよ。本当に暑い日だった。40度はあったね。ハーフタイムで選手達はものすごい勢いでロッカールームに戻り、水のシャワーに飛び込んでいたよ。そしてヴキノヴィッチのゴールで延長戦を制した。あの時のことを思い出すと、今でも鳥肌ものさ。

… その後パダーボルンでマネージャーを務めるボルン氏が、いい監督を見出したと感じたことを明かしていました。2013年5月の時の喜びは、どれほど大きなものだったのでしょう?
パダーボルンへの移籍は、私にとっては次のステップアップだった。あの時は3部から多くのオファーを受けていたのだがね、ハヴェルセの昇格に集中していたから距離を置いていた。そしてシーズン後に具体的にして、早く決定まで至ったよ。

… 2015年6月12日はこれまでの監督キャリアの中で最高の日では?
それは正しくはないな。最高の日はパダーボルンで1部昇格を果たした時だよ。ただ確かにシャルケのような大きなクラブの監督になることは、特別な瞬間ではあったがね。我々はここまで、コーチたちとチームとして、チームの力を最大限まで発揮できるよう取り組んできた。それがシャルケでもうまくできる、私はそう確信しているよ。

Der Jubel war groß: André Breitenreiter (r.) bezwang mit dem TSV Havelse den 1. FC Nürnberg im Pokal.
… さらに未来へと続けていきましょう。2016年5月14日のシャルケはどうなっているでしょう?
それはホッフェンハイムとの最終節だね。何かがかかっている試合ならいいし、もっといいのは試合後にみんなで肩を組んで、順位表に関係なく思い描いていたものを出し切ったと口にできたらいいよ。

… 5月18日、EL決勝の日ではどこにいたいですか?
もしもリーグ戦を終えてまだ戦いが控えているのであれば、それはとてもいいシーズンを過ごしている証だ。目標以上のものだともいえると思うね。

… 2016年5月18日。ポカール決勝の地ベルリンへの意欲は?
我々は特別な経験をしたくてサッカーをしている。そのことは人生を通じて語り続けることができるだろう。このことはパダーボルン時代でもハヴェルセ時代でも口にしてきたことだ。
André Breitenreiter
kicker.de
最近のシャルケの関連記事