ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月15日

リッセもヘクターを擁護

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケルン|レーヴ代表監督がヘクターに対し、苦言を呈したことが議論となっている。シュテーガー監督は「代表の結果まで気にするのは新しいことでね。代表監督にも責任のあることだし。新しいことだけど、まぁOKだよ」と皮肉をコメント。




Marcel Risse
さらにあまり目立つ発言をしないマルセル・リッセもまた、ヘクターを擁護した。

「そのことについては何もいわないよ」と述べたリッセだったが、ヘクターのプレーが悪かったと思うか、との問いには「そうは思わないな」と返答。

「ただ代表監督がどういう意図で話したのかわからないし、ヘクター自身にそのうち説明するんじゃないの?」との考えを述べている。

kicker.de

最近のケルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報