ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月14日

ガイス、次のPKは「僕が蹴る」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルケ|最近のシャルケではフンテラール、そしてディ・サントもPKを外す場面が見受けられているが、次のPKではヨハネス・ガイスがキッカーを務めることが明らかとなった。「その時は僕が蹴るよ」




Johannes Geis
主審がFKの判断を下した際には「嬉しいんだよね、ゴールまでの距離が近ければ近いほど」とガイスは、今節のヘルタ・ベルリン戦は「ケルン戦のようになる」と予想。その試合では0−3で敗れているだけに、「新たなフレッシュさ」で攻略のカギを見出したいところだ。
おそらくこの試合でも、中心的な役割を担うことになるだろう。
主力を務める以上、リーダーシップは増していくものであり「僕のポジションでは責任を負わなくてはならないもの。チームが信頼を与えてくれているのは嬉しいね」とガイスは語った。
"Perfekter Abend": Schalkes Max Meyer posaunte seinen Stolz nach dem Sieg mit der U 21 sogleich heraus.
遅かれ早かれ、代表招集を受けることになることになるかもしれない。もしかしたらそれは来夏の欧州選手権予選かも?
そのガイスは「招集を受けたら、拒否はしないと思うよ」と、遠慮気味にコメント。

一方で飛躍を見せる若手リロイ・サネについては「サネは素晴らしいシーズンを過ごしている。キャリアの階段を上って行っていると思うよ」と賛辞を贈り、「代表監督から呼ばれても、決しておかしくないように思うよ。」との見方を示した。

kicker.de
最近のシャルケの関連記事