ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月14日

ハンブルク、ボランチに不安材料

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンブルク|「贅沢な悩みさ。監督にとっては心地よい状況ではあるのだがね」とラバディア監督が語っていたボランチ 陣。しかしここに来て心配な情報が届いている。



Hofft noch auf Gojko Kacars (re.) vollständige Genesung: HSV-Chefcoach Bruno Labbadia.
ルイス・ホルトビーはニコライ・ミュラーと共に風邪を患っており、火曜日は個人練習のみを行った。

またぎっくり腰から回復して先日のテストマッチで出場したゴイコ・カチャルだが、火曜は背中の問題を訴え午前で切り上げている。

最近2試合続けて先発出場しているマルセロ・ディアスの方は、木曜日に代表戦から戻って来る予定となっており、確実に出場可能な状況にあるのは、エクダル1人ということになる。


kicker.de

ハンブルク関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報