Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月14日

クラーニィ「あまりに早すぎた」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッフェンハイム|最近「フィジカルは100%になったよ」と語っていたケヴィン・クラーニィ。練習で先発をアピールしたいところだったが、火曜のトレーニングでくるぶしを負傷。しかし軽い打撲と捻挫で済んだことが明らかとなっている。





Kevin Kuranyi
「たぶん僕個人でみれば、すべてがあまりに早すぎたんじゃないかな。たぶんもっとゆっくりいくべきだったんだよ」と振り返った元ドイツ代表。

本来の予定では3週間かけてゆっくりと作り上げていく予定だったのだが「ウートの負傷で、監督は僕を必要としたんだ」という通り、フィジカル面での不足は顕著で、最近はベンチに座る日々が続いていた。

「これは僕のキャリアで新しい経験なんだ。でもこういうところから学ぶことができる」と33歳。

「二つしか可能性はないんだよ。1つはすべてを悪く考えて頭をさげるのか。それは僕はしないけどね」と言葉を続け、「それと落ち着いてポジティブに考え、再び努力をしてチャンスを待つということだよ」と前を向いた。

その次のチャンスは土曜、相手はヴォルフスブルクだ。

kicker.de

ホッフェンハイム関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker