Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月13日

シュマッケ氏「ヘクターは大丈夫」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケルン|サッカーの世界とはめまぐるしいものだ。前回の代表戦期間では大きな発見として評価されたヨナス・ヘクターだが、今回はスケープゴートにされている。



Jonas Hector
アイルランド戦で失点した場面でのポジションミス(フメルスもミスに関与)、そして今回のグルジア戦での失点につながったヘディング(チーム全体の問題。特にウィング)。

今後フランスでの欧州選手権に向け、ヘクターやギンターは確実に議論の対象となるだろうが、しかしケルン首脳陣は特に気にするそぶりをみせていない。

「ヨナスはこういう事態でもしっかり整理できるクレバーな選手。多くの批判を受けたが、部分的には正しくはないものもるがね、それでも彼はしっかりとしているよ」とマネージャーのシュマッケ氏はコメント。

さらにシュテーガー監督は「ビジネスの中心となるのはFCケルン。そして我々は彼の能力を理解しているよ」と語った。

クラブと同様に左SBとして出場したヘクターだが、昨年の昇格組と昨年の 世界王者でのプレーには大きな違いがある。

ヘクターはボランチや攻撃的選手のサポートがある場合にのみ、前線に進出してPA内の味方選手にパスを供給したりする。逆にそれがなければ中盤に待機しミスを減らし次のチャンスの待ち受けているのだが、しかしこの状況がスケープゴートのように見られる結果を生んでしまっているのだ。

kicker.de

最近のケルン関連記事
x


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker