ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月10日

財政面で順調な伸びを見せるホッフェンハイム

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッフェンハイム|ここ2年でスポンサー収入を24.3%増加(2500万ユーロ)させたホッフェンハイム。レティッヒCEOは「この成長はとても嬉しいね」と喜びを見せた。



Peter Rettig
マーチャンダイジングは67.8%増加(140万ユーロ)、観客動員数も伸びシーズンチケットの売り上げも好調で、チケット収入は1500万ユーロを記録。

若者からの支持を受けて、会員数は83%の伸び(1500人)を見せている。

レティッヒCEOは「すべての分野でプロフェッショナルに取り組んできた」と胸を張り、「これからも財源を確保し、成長させていかなければ」と目標を掲げた。

Kevin AkpogumaドイツU21代表候補に5人
ドイツU21代表で最も多くの選手を送り込んでいるのは、主将ゴレツカはじめ、マイヤー、サネを擁するシャルケ04。

だがホッフェンハイムも先日の試合で先発を務めたCB二クラス・ズーレとSBジェレミー・トルヤンの他、今回招集を受けている2部デュッセルドルフにレンタル移籍中のCBケヴィン・アクポグマ、さらに2部首位を走るボーフムで全試合先発出場中のFWヤニク・ハベラーもまた、ホッフェンハイムからレンタル移籍している選手である。

加えて前回の代表戦で招集を受けたオスナブリュックのGKマルヴィン・シュヴァーベもホッフェンハイムからレンタル中だ。

kicker.de

ホッフェンハイム関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報